肝炎という言葉と肝障害という言葉は、とても紛らわしく使われます。 血液検査で調べることができるASTやALTという値が基準値よりも高い場合、肝炎や肝障害があると言われるのです。 肝炎と肝障害は何が違うのでしょうか。 答え・・・