C型肝炎ウイルスはC型肝炎の原因となるウイルスです。

C型肝炎ウイルスには、いろいろなタイプがあります。これらのタイプは大きく2つの分類によって判定されます。

1つ目はジェノタイプであり、2つ目はセログループです。

これらのタイプは、C型肝炎ウイルスを排除するための治療を決めるときに参考にされます。

ジェノタイプとは

ジェノタイプは、C型肝炎ウイルスの遺伝子の塩基配列の類似性により分類される型です。

1型から6型までの分類があり、さらにいくつかのサブグループに分けることができます。

具体的には、1a型、1b型、2a型、2b型などがあります。

日本人は1b型が多く、70%を占めます。次に多いのが2a型であり、20%を占めます。3番目に多いのが2b型で、10%を占めます。

つまり、日本人はジェノタイプ1か2に大別できるわけです。

セログループとは

セログループとは、C型肝炎ウイルスを血清学的に分類したものです。

C型肝炎ウイルスの塩基配列が異なると、ウイルスによって作られるタンパク質も異なります。その結果、それに対して作られる抗体も異なります。この違いによって分類されるのがセログループです。

セログループには、主に第1グループと第2グループがあります。

セログループ1は遺伝子型の1a型と1b型に、セログループ2は遺伝子型の2a型と2b型に当たります。

日本人のセログループは1と2で占められています。

セログループを調べることでC型肝炎の治療薬を決めることができます。

HCV RNAが陽性でもセルグループが陰性になることがある

C型肝炎ウイスルのセログループは、C型肝炎ウイスルに対する抗体の中のNS4のうち、C14抗体を調べることで決められます。

このC14抗体ですが、日本人では陽性になることが多いため、セルグループの判定の検査に使われています。しかし、一部の方はC14抗体を持っていません。これらの人では、HCV RNAが陽性でもセログループが陰性となります。

このように、セログループが陰性であるため、判定不能または判定保留となる人は、5~10%程度います。

ジェノタイプとセログループの一致率

ジェノタイプとセログループは90%以上、一致します。セログループが判定保留、あるいは判定不能となった場合、ジェノタイプの検査が行われます。

 

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位