乳幼児期のB型肝炎ウイルス感染とその後のの経過

B型肝炎ウイルスに感染した場合の経過は複雑です。

この記事では、乳幼児期にB型肝炎ウイルスに感染した場合に辿る経過について説明します。

ざっくりいうと、乳幼児期にB型肝炎ウイルスに感染すると、免疫寛容により肝機能障害が起こらない無症候性キャリアの状態が続き、あるとき、免疫応答が起こるようになり、肝機能障害を認める免疫応答期に入り、その結果、HBe抗原がセロコンバージョンし、肝機能障害が落ち着いている非活動性キャリアになります。

この経過について、以下で詳しく説明します。

乳幼児期の子供は免疫力が弱いです。ウイルスに感染しても免疫応答が未発達であるため、病原体を体から排除しようという働きが十分に起こりません。

このため、乳幼児期にB型肝炎ウイルスに感染した場合、9割以上はB型肝炎ウイルスを体内から排除することができずに、B型肝炎ウイルスに持続的に感染している状態になります。

B型肝炎ウイルスが肝細胞に感染していても、宿主による免疫応答が起こらないため、肝細胞の破壊は起こりません。ですから、肝機能障害も生じません。

B型肝炎ウイルスは、インフルエンザウイルスやHIVウイルスなどのほかのウイルスと異なり、ウイルスそれ自体には細胞を攻撃する力はないか、あってもとても弱いのです。

B型肝炎ウイルスが肝細胞に感染していても、ウイルス自体が肝細胞を攻撃して傷害するわけではないのです。

B型肝炎ウイルス感染の結果、起こってくる肝細胞障害は、B型肝炎ウイルスに感染してしまった細胞を排除しようとして攻撃する宿主の免疫応答によっておこるのです。

乳幼児は免疫応答が未発達であるため、B型肝炎ウイルスに感染しても免疫応答が引き起こされないため、肝機能障害が起こらない状態が続きます。これを免疫寛容といい、この時期を免疫寛容期といいます。

また、この時期の状態を、B型肝炎ウイルスに感染しているけれども症状はまったくみられないため、無症候性キャリアといいます。

しかし、その後、時期は人によっていろいろではありますが、成長するにつれて無症候性キャリアの方の免疫応答も発達してきます。その結果、B型肝炎ウイルスに感染した細胞をやっつけようとして宿主の免疫が攻撃を始めます。こうなると肝細胞障害が起こってALTが上昇します。この時期を免疫応答期といいます。

免疫応答期には、多くの場合、B型肝炎ウイルスのDNAは増えるのを邪魔され、血液検査をしてもB型肝炎ウイルスのDNAは低値になります。

また、少し専門的な話になりますが、血液検査の結果、HBe抗原が陰性になり、HBe抗体が陽性になります。これをHBe抗原のセロコンバージョンといいます。

この状態では、肝炎は鎮まっており、ALTも正常となります。この状態を、非活動性キャリアといいます。

この後さらに、一部の方は、HBs抗原が消え、HBs抗体が出現します。このことをHBs抗原のセロコンバージョンといいます。この状態は臨床的寛解といい、臨床的には治った状態と判断されます。

B型肝炎ウイルス感染者の自然経過
出典:B型肝炎 | 肝炎情報センター

上述のように、無症候性キャリアの方は、成長するにつれて免疫機能が成熟し、免疫応答期に入ります。この結果、B型肝炎ウイルスが増えるのが抑制されるため、B型肝炎ウイルスのDNAが低値になり、HBe抗原のセロコンバージョンが起こります。

しかし、約10%の方は、免疫応答期に入っても、B型肝炎ウイルスのDNAの増殖が抑えられず、HBe抗原のセロコンバージョンも起こりません。肝細胞障害が長い間続きます。この状態をHBe抗原陽性慢性肝炎といいます。

また、BBe抗原がセロコンバージョンし、HBe抗体が陽性になった人の1割から2割の人は、HBe抗原が陰性の状態にも関わらず、肝機能障害が続きます。この状態をHBe抗原陰性慢性肝炎といいます。

また、HBe抗原セロコンバージョン後の人の4~20%の割合で、せっかく出現したHBe抗体が消えてしまい、HBe抗原が再度、出現します。このことをリバースセロコンバージョンといいます。