はじめに

この記事では肝膿瘍という、肝臓に膿がたまってしまう病気について説明しています。

右上腹部に痛みがあり、高熱が続く場合、肝膿瘍の可能性があります。

早めに発見して治療を行わないと死んでしまうこともある怖い病気です。

参考サイト

肝膿瘍とは何ですか?

  • 肝膿瘍は肝臓の中に膿が溜まり、膿瘍ができた感染性の病態です。膿瘍とは膿がたまった袋です。細菌やアメーバに感染することで肝臓内に膿が貯まり膿瘍が形成されます。
  • 肝臓外から肝膿瘍の発生原因となる細菌や原虫などが肝内に進入し、増えた結果と考えられます。
  • 多くはお腹の中に何らかの炎症がみられたのち、それに引き続いて起こります。
  • 病原体の違いから、細菌性(化膿性)肝膿瘍とアメーバ性肝膿瘍に分けられます。この2つは発症の背景、臨床像、治療法が異なります。
  • 細菌性肝膿瘍の原因には胆嚢炎や胆管炎、虫垂炎、大腸憩室炎、痔核などがあります。
  • アメーバ性肝膿瘍の多くは、東南アジアやその他の衛生状態の悪い地域などに行き、食べ物や飲料水から赤痢アメーバに感染して大腸炎を起こし、さらに肝臓に膿瘍をつくるという経過をたどります。
  • 肝膿瘍になると、血液検査で白血球数、胆道系酵素、CRPなどの値が上昇します。また、腹部の超音波検査やCT検査で肝臓内に膿瘍があるのを確認できます。
  • 近年、肝臓や胆道の病気を治療したあとや、抗がん薬による治療をした後に発症する肝膿瘍が報告されています。

肝膿瘍にはどのような種類がありますか?

肝膿瘍はその原因となる病原体の違いから細菌性(化膿性)肝膿瘍とアメーバ性肝膿瘍に分けられます。

肝膿瘍の原因は何ですか?

肝膿瘍はブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌、原虫などが肝臓内に入り、そこで膿が作られることでできます。

細菌性肝膿瘍の原因は何ですか?

  • 細菌性肝膿瘍の原因は特定できないことが多いです。
  • 大腸がん、クローン病、虫垂炎などの病気に続いて起こることが多いです。細菌が肝臓内に入り、膿瘍が作られます。
  • 稀に虫垂炎、クローン病、潰瘍性大腸炎などの腸管感染症に際し、細菌が門脈を経由して肝内に到達し膿瘍を形成する場合もあります。
  • 肝臓に外傷が加わり、損傷部が感染することでなる
  • 肝臓がんや、切除が不可能とされる膵胆道系の悪性腫瘍を治療した後に、発症する
  • 肝臓の周辺にある臓器が炎症を起こし、その炎症が肝臓にも及び、膿瘍が形成される
  • 膵胆道系の悪性腫瘍で、胆道が腸内の細菌に感染し、胆道炎になった後に続いて肝膿瘍になる
  • 総胆管結石や膵胆道系悪性腫瘍による胆管閉塞に伴い、胆管内で胆汁うっ滞が起こり、そこに腸内細菌が感染、胆管炎を引き起こし、上行性に肝内におよんで膿瘍を形成するとされており、この場合、膿瘍が多発することが特徴です。
  • 総胆管結石(そうたんかんけっせき)、膵胆道系(すいたんどうけい)悪性腫瘍に伴い、腸内細菌が胆汁の生理的流れと逆に(十二指腸から肝臓にむかい)胆道に感染し、胆管炎に引き続き発症する
  • 虫垂炎(ちゅうすいえん)、憩室炎(けいしつえん)、クローン病、潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)などの腹腔内感染症や進行大腸がんに続発し、細菌が門脈(もんみゃく)をへて肝内に到達し肝膿瘍を形成する
  • 急性胆嚢炎(たんのうえん)の肝臓への直接的波及、大腸がんなどの肝浸潤など、周囲臓器の炎症が肝臓に直接波及し肝膿瘍を形成する
  • 外傷による肝損傷部に感染を起こし生じる
  • 切除不能の膵胆道系悪性腫瘍や肝がんに対する治療後に発症する

細菌性肝膿瘍の治療が遅れるとどうなりますか?

早期に診断し適切な処置、治療を始めないと、敗血症(はいけつしょう)、細菌性ショック、播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)(DIC)に移行し、多臓器不全になり、致命的になることがあります。

アメーバ性肝膿瘍の原因は何ですか?

  • 赤痢(せきり)アメーバの経口感染で発生し、海外渡航者に多く認められる
  • 赤痢アメーバの生育する海外への渡航者に認められるとされていますが、近年、同姓愛嗜好者に発生する例が少なからず報告されています。
  • 赤痢アメーバが口内に入ること
  • 赤痢アメーバの腸管内感染が起こり、これが門脈を経由して肝内に到達し膿瘍を形成します。

アメーバ性肝膿瘍はどのような経過で発症しますか?

アメーバ赤痢に感染してから、短くて数ヶ月から長くて数年間という潜伏期間の経過後、発症する傾向が近年増加しつつあります

アメーバ赤痢とは何ですか?

アメーバ赤痢とは、赤痢アメーバと呼ばれる嚢子が汚染した飲食物を口にすることで感染すると言われていて、世界でも毎年多くの感染者が出ていると推定されていますが、性行為により感染することも増えています

肝膿瘍の症状にはどのようなものがありますか?

  • 寒気や震えとともに高熱が出て、汗をかいて熱が下がるという状態を繰り返します
  • 右肋骨の下あたりに重苦しい痛みがあり、その部位を押すとさらに痛みを強く感じます
  • 発熱、全身倦怠感(けんたいかん)、上腹部痛、右季肋部(きろくぶ)痛などの炎症症状と、黄疸(おうだん)など肝膿瘍の原因となる疾患に起因する症状が現れます
  • 治療が遅れると敗血症(はいけつしょう)という重篤な状態に移行することがあります
  • アメーバ性肝膿瘍ではアメーバ性腸炎による血性下痢も認められます

肝膿瘍の発熱には特徴がありますか?

  • 肝膿瘍の主な症状と言われている発熱では、38度から40度位の高熱が出ます。

細菌性肝膿瘍の症状にはどのようなものがありますか?

  • 食欲不振、全身の倦怠感、発汗、発熱、右季助部(右の1番下に存在するあばら骨の裏側)痛、お腹の上部が痛い等の炎症、黄疸等が見られます。

アメーバ性肝膿瘍の症状にはどのようなものがありますか?

  • 細菌性肝膿瘍の症状に加えて、血性の下痢があることがあります。

肝膿瘍の診察ではどのような所見がみられますか?

  • 肝臓がはれて押すと痛みがあります

肝膿瘍の検査にはどのようなものがありますか?

  • 血液検査では炎症により白血球数が増え、AST(GOT)、ALT(GPT)、ALPなど肝機能の数値も上昇します
  • 血液検査では、白血球の増加、CRPの高値、胆道系酵素(アルカリホスファターゼなど)の上昇などが認められます
  • アメーバ性肝膿瘍の場合、多くは抗体反応が陽性に出ます
  • 腹部エコー(超音波)やCT検査を行うことにより、肝臓のなかに化膿した部分(膿瘍)を見つけることができます
  • 超音波検査、CT、MRIなどで、膿瘍の存在の有無、大きさ、数、周囲臓器への影響などを調べます
  • 最終的には、超音波検査で膿瘍を見ながらそこに針を刺し、膿を採取して培養を行い、顕微鏡で見ることによって、細菌や赤痢アメーバを確認します

細菌性肝膿瘍には特徴がありますか?

  • 細菌性のものは多発性で,起因菌は大腸菌が最も多く,その感染経路としては,消化管や骨盤腔内臓器の化膿性炎症が門脈を通じて波及するもの,種々の化膿性疾患の病原菌が肝動脈を通じて肝臓内に入るもの,胆道の化膿性炎症が上行性に波及するものなどがある。

アメーバ性肝膿瘍には特徴がありますか?

  • 肝臓の右側に比較的大きな、1個の膿瘍を形成することが特徴とされています。

細菌性肝膿瘍はどのように治療しますか?

  • 肝膿瘍を疑ったら、ただちに抗生剤による治療を開始します
  • 肝膿瘍に対しては適切な抗生剤を使うことによって徐々に良くなりますが、それだけでは不十分なことがあります。その場合はエコーを用いて肝臓に針を刺して膿を取り除くことを行います。
  • 体外にうみを誘導するために経皮的に膿瘍穿刺(せんし)ドレナージを行います
  • がんや結石による胆道閉塞が原因の場合は胆道ドレナージを行います
  • 多発する肝膿瘍や抗生剤の全身投与で改善しない場合は、肝動脈内にカテーテルを留置し、抗生剤の動脈注射を行うこともあります

アメーバ性肝膿瘍はどのように治療しますか?

  • メトロニダゾール(フラジール)を投与します

抗生剤が効かない肝膿瘍はどのように治療しますか?

  • 抗生剤が効かない時、または最初から化膿した部分が大きい場合には、ドレナージを行います

肝膿瘍のドレナージはどのように行いますか?

  • 肝膿瘍のドレナージは、検査で膿を採取する時と同じように、外から肝臓に管を刺し、なかの膿を吸引して治療を行う方法です

ドレナージしても治らない肝膿瘍はどのように治療しますか?

  • ドレナージをしても治りが悪い場合や緊急時には、外科手術により膿瘍を切除することもあります

肝膿瘍の治療期間

肝膿瘍の治療期間は感染症の中では比較的長いです。おおよそ1か月から2か月の間くらいの治療期間になることが多いです。

真菌による肝膿瘍では治療期間が長く、治るまでに半年以上かかることがあります。

肝膿瘍の予後

以前は死亡率が高く予後が悪い病気でした。

近年はエコーに加え、CTやMRIなどの画像診断の技術が進歩しました。

診断は簡単に行えるようになり、穿刺ドレナージの技術も向上し、抗菌薬もよいものがでてきました。

治療成績や予後はよくなっています。

肝膿瘍を予防するにはどうしたらよいですか?

  • 肝膿瘍の予防は、化膿性の場合、胆汁うっ滞や糖尿病等が原因でなることもある為、基礎疾患の治療や持病を悪化させないようにすることが大切です。
  • アメーバ性の場合、海外で生水を飲んでなることもある為、海外での生水の飲用を避けること等が予防につながります。
  • 最近は口を使った性行為で感染することが増えてきていますので、注意が必要です。

胆汁うっ滞とは何ですか?

  • 胆汁うっ滞とは、胆汁の流れが弱くなったり、止まってしまっている状態を指します。

胆汁うっ滞の原因は何ですか?

  • 原因は肝臓内にあるものと、肝臓外にあるものとに分かれます。

胆汁うっ滞はどのように治療しますか?

  • 胆管が閉塞している場合、手術等で治療が可能です。
  • 薬が原因でなる場合もあり、その場合は、服用を止めると症状がおさまる場合が多いです。