私がもっている肝臓病に関する知識を一般の方向けに初めて公開します

「肝臓に関する知識を持たない一般の方」から「肝臓の病気について知り仕事に活かしたい医療従事者」、「突然、肝臓病と診断されて困惑している患者さん」など

何も知識がない状態から医師と対等に話し合いができるレベルになれるまでの情報を

今だけ無料でお教えします。

詳細はメールセミナーで公開中です。

メールセミナー登録はこちらから

最前線のリアルタイムの情報を配信します

医学は常に進歩をしています。肝臓の領域についてみてみると、ここ最近で最も治療が激変したのがC型肝炎です。

以前はC型肝炎の治療にはインターフェロンという注射薬を使っていました。これは、とても副作用の強い薬です。インフルエンザにかかったときのようなだるさがでます。一定期間の治療後に、ウイルスが排除されないということもありました。

現在、とても画期的な新しい薬が次々と開発されています。これはC型肝炎ウイルスに直接作用し、ウイルスを排除します。しかも、飲み薬だけで治療でき、副作用もかなり少ないです。

このように最新の医学は常に変わっており、治療法も常に新しくなっています。

私は日々、肝臓病を専門に診療しており、最新の論文を読み、学会で新しい知識を身につけています。

メールセミナーではこのような最新の情報を提供しています。

メールセミナー登録はこちらから

知らないと損することがたくさんあります

肝臓の病気はかなり進行してからようやく症状がでるということが少なくありません。症状がないために、放置してしまう人がいます。

肝炎を放置してはいけない理由や日常生活における注意点などもメールセミナーではお伝えしています。

また、肝疾患の患者さんについて言えば、肝臓の病気の症状を知ることで、自分の症状を医師に正しく伝えることができます。担当医が状況を正しく把握できれば、より適切な治療を提案することができます。

知識を身につけることで健康・医療において損をしないことがとても大事です。

メールセミナー登録はこちらから