類洞細胞とは?

構造

はじめに 門脈と肝動脈を流れてきた血液が合流する場所を類洞といいます。 類洞を構成する細胞を類洞細胞といいます。 類洞細胞には、類洞内皮細胞、Kupffer細胞、肝星細胞、ピット細胞などがあります。 この記事では、まず類・・・

アルコール性肝障害とは?

アルコール性肝障害

長い間、お酒を飲み過ぎると肝臓を悪くします。お酒の成分の中でも特にアルコールが肝臓に悪さをします。このように、お酒が原因で起こる肝障害をアルコール性肝障害といいます。 アルコール性肝障害はとても広い概念です。軽いものから・・・

肝硬変の原因って何なの?

肝硬変

肝硬変は「肝臓が硬く変わる」と書きます。 では、どうして肝臓は硬くなってしまうのでしょうか。 慢性の肝炎や肝障害があると肝臓の組織がダメージを受けます。このように、長い間、肝臓の組織が傷害を受け続けると、次第に肝臓は硬く・・・

肝硬変患者のChild-Pugh分類と生存期間

肝機能 肝硬変

炎症が続くと肝臓は次第に硬くなります。これが肝硬変です。 肝硬変になると肝機能が低下します。その結果、血液中のビリルビン値が高くなったり、アルブミン値が低くなったりします。腹水がたまったり脳症になったりもします。 このよ・・・

ページの先頭へ