肝臓は体内の化学工場や貯蔵庫と呼ばれています。肝臓はカラダに入ってきた原料を化学反応によって加工し、利用できる形に作り変え、またそれらを蓄える働きをしているからです。 肝臓の主な働きは、糖代謝、アミノ酸代謝、尿素合成、脂・・・