長い間、お酒を飲み過ぎると肝臓を悪くします。お酒の成分の中でも特にアルコールが肝臓に悪さをします。このように、お酒が原因で起こる肝障害をアルコール性肝障害といいます。 アルコール性肝障害はとても広い概念です。軽いものから・・・